2016年08月16日

久しぶりの投稿です。























オリンピックのゴルフ競技。

ジャスティン ローズが金メダルを獲りました。ステンソンとの一騎打ちは見応えありましたね^_^

最近またゴルフが出来るようになり少しずつリハビリしてます。

PGAツアーや今年のメジャー、五輪を見てて海外の選手の「アイアンの切れ」にいつもながら驚かされますね…

ステンソンのアイアンのインパクト音がやばすぎますわ…

周りに立ってたら震度1ぐらいあるんちゃうか?と思ってしまう。

日本人選手との違いでいつも思うのはボールとの距離。

海外の強い選手はボールとの距離が例外なく近いです。いやこれハンパなく近いです。

ライ角がめちゃくちゃアップライトなアイアンを使ってるのか?

全英のミケルソンとステンソン見てすぐにあまりに近く立ってるので真似してみたが自分のアイアンのライ角ではヒールが浮いてしまうのだ。

昔も今も強い選手は「縦振り」である。

あんな近くにボール置いたら縦にしか振れないよ…

日本人は横振り。松山以外…


日本のプロゴルファーはメジャー見ないのか?なぜ真似しないのか不思議です。












コメントする

名前
 
  絵文字